最短で合宿免許終了するには

最短で14日間(AT限定)という触れ込みがあります。13日という所もありますが、どうあれ予定通りにいけば「卒業まで最短の○○日間」で終了できるんですね。普通免許で16日間が相場でしょうか。詳しいスケジュールを見ると、入校したその日から学科と実習があり、とてもハードです。

この最短日数、組まれたスケジュールの学科や実技を受ける事はもちろん、仮免許や卒業検定などに合格してからでないと卒業できませんし、実技も運転は全くの初心者ですので受けてみて初めて苦手分野だと気付き補習が付きまくったとなると、空きがあって実技の補習がスムーズにいけば良いですが、埋まっていればキャンセル待ちとなるのです。

小学生は毎日数時間授業を受けていますが全員、全ての教科をテストして90点以上採れるでしょうか?小学生の柔らかい頭でです。それでも採れないかと思います。それに対し、合宿免許に行く大人では小学生ほど頭も柔らかくないし、誰もが最短で卒業できるというわけではありません。それこそ向き不向きによって遅れもとることもあるでしょうし。触れ込みにあるような最短日数にこだわらない方が良いのではないでしょうか。

運転免許は「早く免許を取って運転したいし、すごく楽しみ」という人と、「親が費用を出してくれるし免許は取っておいて損はないから取っておく」という人では学科も実技も身につき方が違うものです。私個人は教習所に行ってみて初めて、資格を取るにはこんなに地味なことをしなくてはならないのか…とゲンナリして補習なんて何時間付いたか知れません。

そして試験も何度落ちたことか。私の例は少し極端ですが、最短日数で終わるという事は、運転免許を取りたいか、課せられた教習を身につけて試験に合格するいう事で、最短日数のうちに予定の学科も実技も終わらせられる事ではないのです

もしも学校や仕事が始まる前の限られた時間を工面して最短日数ギリギリなら何とかできそうかな?というのであれば、とにかく毎晩一夜漬けする勢いで頭に入れて取り掛かれば間違いはないでしょうね。合宿免許のメリットとして、ハードスケジュールでも集中して学習でき、せっかく覚えた事を時間を空けて忘れないうちに身に付けることができます

どこの教習所のホームページを見ても、一日一日を大切にとあります。それは合宿免許という限られた時間内で吸収して、最短日数で卒業するためのモットーなのでしょう。最短日数というのは、短い時間で終了する事よりも免許取得をするために学科や実技を有効な時間配分の中で集中して身に付けられる日数ともいえますね。

合宿免許に要する期間

合宿免許は最短で2週間ということです。うろ覚えですが、私が地元の教習所に居た頃に合宿生で学科をサボったり実技で補習がついたりと1ヶ月近く居た人もいましたが…?まあ、どう見ても素行不良でしたし地元のドチンピラみたいな田舎者とケンカしたりしてましたね。若さとは愚かな事。まあ、その時代その土地柄というもので私のいた所は少し極端な例ですが。

合宿免許はカリキュラムが組まれていてオートマ限定なら14日間普通免許なら16日間というように記してある教習所が多いです。実際にその通りに卒業した人は大半を占めるそうです。運転免許取得に興味がないのに取らなければならない人にしてみれば、ここで大きなプレッシャーとなります。悲しいことに入校は一緒でも帰る日が別となるのです。

免許でなくても他の試験や勉強でもそうですが本人のやる気次第というのもあるし、自動車免許取得という分野が自分に合っているかどうかというのも大きいかと思います。全く運転する必要性も関心もないうえに路上の常識もよく分からないし、とりあえず運転免許は取っておくべき資格だから一応取ろうという考えでは学科も実技も身につきません。路上、交通ルールは一般常識とはいえ、いざ聞かれたら自信がないこともあるし間違って身についていた常識もあって意外と卒業検定に落ちる人はチラホラいます。私もそうでした。

そして実習。特に女性は補習がつく人が多いように思います。合宿免許はカツカツなスケジュールなため、ひとつ落とすと大変なのです。そのために最短日数にプラス3日、5日というコースもあるくらいですから最短日数で予定通り卒業できる事が当たり前というわけでもないようです。そうなると、オートマ限定でも普通免許でも、だいたい3週間は免許取得に要すると考えた方がよさそうです。

中には相当デリケートなのか、慣れない土地で体調を崩して大幅に延びたという例もあります。分かる気もします!私の通っていた教習所なら有り得る話です。「長く居たくないから早く終わらせよう」という気さえ起きないほど発展していない何もない土地に、たった一軒の合宿舎でしたから気も滅入るでしょう。

免許取得が自分にとって必要かどうか心得ているか、そして合宿先が合っているかどうかにもよりますね。しかし、今は補習(延長)で儲けているような教習所はあまりないようですし、相当とんちんかんで今に人身事故を起こしかねない人でなければ大幅に卒業が延びる事はないそうで、車学側も経営に必死な時代ですし、ダラダラと生徒を残して評判を落としたくないのも背景にあるのでしょう。総合的に見て、かかっても3週間といったところですね。

最短で合宿免許を取るという事

最短で合宿免許を終わらせたいと思う人はほとんどだと思います。ほぼすべての合宿免許がある教習所でも最短で取得できるカリキュラムが組まれています。最短で取得できるとはMT車の場合には技能34時限、学科26時限。AT車なら技能31時限、学科26時限(自動二輪取得済みで学科免除などの場合は時限数は少なくなります)をストレートでこなす必要があります

特に技能教習(運転)は1日に2時限までという制約などがありますので最短にも限界があります。しかし、合宿免許はその中で可能な限り最短で取得できるように実技、学科のカリキュラムが組まれていますので免許を取る最短コースが可能となります。

ただし、最短で行うという事はその分、時間が無いという事です。ストレートでこなす為には途中でつまずくことが出来ないという事なのです。当然、途中でつまずけばその分、最短から日数が増えてしまうという事になります。ほとんどの方がストレートで卒業できるので難易度は高いものではありませんが、決して楽な事でないのも事実です。

授業に遅刻する、休んでしまって最短カリキュラムから外れてしまうのはもっての他ですが試験に落ちれば、遅れてしまう可能性があります。特に実技検定で落ちれば当日に再検定を受けることが出来ませんので次の検定日まで待たなければならなくなります。つまり、検定で不合格になればその分、合宿は延長されます。必ずしも合宿免許で全員がそのカリキュラムをストレートで熟せるわけでは無いのが実情です。事故を起こす可能性もある運転資格でもあり、国家試験なのですから出席すれば取れる簡単な免許では無いというのはあらかじめ覚悟しておく必要があります。

最短で合宿免許を取る為に

最短で合宿免許を終了させるためには学科、実技共にストレートでこなす必要がある為、つまずいては最短では無くなります。つまずかない為の努力は必要になります。学科、実技について最短を目指すために必要なことは何なのかを考えてみたいと思います。

まずは学科ですが、合宿免許中に分厚い教科書や大量のプリントが渡されます。道路標識なども含め、覚える事は沢山あるのです。これらのすべてを本来、記憶し覚えなければなりませんが、一般人にはなかなかできる事ではありません。

ただし、指導員も重要なポイントを重点的に教えてくれるため、分厚い教科書でも通常は試験に合格できるレベルまでは押し上げてくれます。その当たりは指導員もプロなので真剣に授業を受けるようにしなければなりません。そして重要なのは授業中にすべてを覚える事などなかなかできる事ではありません。

そこで大事になってくるのが自習です。一日に受けられる時限は限られていますので、それ以外の時間に学習しておくことが学科でストレート合格するための秘訣です。○×問題を何度もこなし、間違えなくなるまでやれば自然と覚えれるようになります。間違えた問題を中心にとにかく何度も行う事がポイントです。

次に実技です。運転は運動神経も含めて運転センスも必要になる厄介な問題です。特に初めて運転するわけですから通常は誰もがゼロからのスタートなのです。最初は車を動かすことだけで頭がいっぱいになってしまうかもしれません。運転は意外にやる事が多いです。車を動かすと同時に様々な危険を察知して回避する必要があるのです。MT車ならばさらにやる事が増えるのです。

運転は頭だけで考えては難しいです。自然と体が反応するようにしなければ様々な状況に対応することが出来ません。しかし実際に運転できる練習時間は限られていますので、実技教習だけでそのようになるのは難しいです。実車を使って何度も練習できないとなればイメージトレーニングをすることが大事です。一度車に乗っている訳なのですから車を動かす作業、車の大きさなどはイメージできます。

クラッチ操作、ハンドル操作、アクセル、ブレーキなど自然の流れでできるようになるまでイメージトレーニングし、納得するまで反復して練習しましょう。目を瞑って実際に体を動かして自然に体が反応するまでやれば実際の教習でもうまくいくと思います。車を動かす動作は自然に出来るようになるのが重要です。それが出来て初めて周りに目を向けて運転できるようになります。頭だけでなく体で覚えることも必要なのです、

運転初心者なのですから下手なのは当然です。ウインカー操作も運転の流れで行うのは難しいことかもしれません。体で覚えていない内は最初は頭で考えてから行動に移すので全てが遅れがちになりますが、運転を重ねれば自然と出来るようになります。実車を使っての練習が限られているのですからイメージトレーニングで経験を重ねればよいのです。

四六時中、教習の事ばかり考えていては疲れますが自習の時間は重要です。十数日もありますので当然、娯楽も必要ですが娯楽ばかりでは合格するのは難しいものです。合宿免許は空き時間を使い、納得するまでとにかく学科、実技ともに反復練習をすることがストレートで卒業するためのポイントです。

当然の話になりますが、健康管理、生活スタイルを考える必要があります。体調不良で休めばその分、延長になりますし、夜更かしをして寝不足で教習を受ければ頭に入りませんし、実技も影響します。空き時間の使い方と同様に体調管理もしっかり自己管理しましょう


合宿免許を自分にあった場所、コースを選ぶなら